チャットを利用するには、ログインしてください。
連絡先に戻る

レバレッジ計算機

1.041

レバレッジ計算機を使用して、ポジションを開くために必要なレバレッジの量をすばやく見つけます

外国為替のレバレッジって何?

レバレッジは借りた資金でお金を投資しています。10ドルで10ドルのアイテムを購入する通常の取引とは異なり、外国為替ではレバレッジを使ってより少ない資金で同じ価値を買う(または売る)ことができます。例えば1ドルのマージン(10:1のレバレッジ)で10ドルを購入します。

100ドルのアカウントのレバレッジの例: 100ドルのアカウントでの外国為替レバレッジの例

レバレッジは取引利益の可能性を高めますが、レバレッジが増えるとリスクが高まるので多くを失う可能性があります。

レバレッジは、取引の想定価値と取引を開始するために使用される通貨(通常は口座の国内通貨)との比率です。例えばヨーロッパのトレーダーはEURの基本通貨を持ち、米国のトレーダーはUSDの基本通貨を持ちます。

取引口座で使用するレバレッジの量によって、維持する必要のあるマージンレベルが決まります(そうでない場合は、証拠金請求を受けることができます)。

レバレッジ率の計算方法は?

レバレッジ率の計算は複雑ですが、外国為替レバレッジ計算機を使用すると、いくつかの値を入力して簡単に計算する必要があります。

通貨ペア - 取引している通貨
口座通貨 - 口座預金通貨
マージン - 取引に使用するマージン
取引サイズ - 契約サイズまたは取引数ユニット(1ロット=100,000ユニット)

計算されると、取引を開始するために必要な正確なレバレッジが表示されます。示されているレバレッジは最小のレバレッジです。低いレバレッジでは取引を開始できませんが、ブローカーが許可している限りは高いレバレッジを使用できます。

営業レバレッジの計算方法は?

営業レバレッジは、アカウントでオープンポジションを保持するために使用される有効なレバレッジです。
つまり、あなたのデポジットにおいたネットオープンポジションの合計が合計マージンです。
有効レバレッジまたは営業レバレッジは、取引口座の最大レバレッジを超えることはできません。

例:もしあなたに0.5の ロットサイズとのオープンEURUSD取引と1000EURの預金があり、50の証拠金を使用した場合EUR、これはあなたの実効レバレッジが1000/50 = 20であることを意味します。これは、取引ポジションの価値が10ユーロごとに、口座残高の5ユーロによって管理されることを意味します。

どれほどのレバレッジを使用しなければいけませんか?

それはあなたのリスク許容度に依存します。50:1のレバレッジは、価格の2%の変化がアカウントを一掃する可能性があることを意味します(50*2=100%)。
過度にポジションをレバレッジせず、自分に適したレバレッジを使い続けてください。取引スタイル。通常、高いレバレッジは小さなアカウントやスキャルピングなどの短期的な取引方法(価格変動が制限されているため)に使用されますが、トレンドフォロー(価格が大きく変動する可能性があるため)や大きなアカウントなどの長期的な取引システムには低いレバレッジを使用します。

どのレバレッジを使用するべきですか?

それはこれらの要因によります:

  • あなたはどれほどのデポジッを失ってもいいと思っていますか?
  • あなたに有効的かつ成功している取引システムがありますか?
  • あなたにとって取引はフルタイムかそれとも趣味ですか?

「失うわけにはいかないお金を投資しないでください」というフレーズを聞いたことがあると思いますが、それこそがあなたが従うべき重要なルールです。全ての貯蓄を取引口座に入れた場合は、貯蓄に影響を与える過度のリスクを望まないようにレバレッジをできるだけ少なくします。
また、取引システムを完全かつ徹底的にするためにバックテストしましたか?全てを投げる前にデモとライブアカウントを試しました?そうでない場合は、少量または低レバレッジで取引するのが最善です。
最後に、あなたの取引口座の目的は何ですか?それはただあなたの趣味でありお金を失うことを気にしない場合でも、あなたのアカウントの利益に依存するフルタイムのトレーダーであるならば低レバレッジが適しています。

レバレッジが高い方が良いですか?

それは違います。損失トレーディングシステムはレバレッジが高いほど早く負けるので、正しいシナリオには適切なレバレッジを使用する必要があります。考慮すべき重要な要素としては、レバレッジを使用すると預金よりも多くを失う可能性があることです。ブローカーのポリシーによって利用可能な最高のレバレッジを選択することは非常に魅力的ですが、それが常に最良の選択であるとは限りません。